高橋管楽器公式ツイッター お問い合わせ


HOME 高橋管楽器について
昭和38年 初代職人 高橋治雄

日本で初めての管楽器個人修理店。

高橋管楽器の初代オーナーである高橋治雄は、日本管楽器(通称・日管/現・ヤマハ)に徒弟として入社、先輩達の技術を見て覚え、戦前にはサックス先進国のサックスを製造販売していました。治雄は人が1本作る所を2本作り、その早さ・正確さ・仕上がり等、超一流であったと誇っています。
その時日管の工場長であった石森善吉の次女・美保子と結婚、敗戦を迎えました。日管の給料では食べていけず、仕事終了後にキャバレー・ナイトクラブ等に勤める当時の一流バンドマン達の間を回りながら修理業を始め、彼らの信用を得ながら親交を結び、この親交が後に進駐軍の仕事に結びつき、進駐軍からの仕事が舞い込むようになります。
そうして、修理業を主体とした仕事に乗り出しました。東京の大久保にて日本で初めての管楽器修理業の看板を挙げたのです。
敗戦直後のないないづくしの中で、妻と2人で進駐軍の仕事を一手にやるようになり、山ほどの修理品を前に「これでやっていける」と自信を深め、石森を呼び寄せ、店構えを向かい合わせで開業。これが長い間、高橋と石森が向かい合いながら修理業を発展させていった時でした。
高橋治雄が築いたものは、現在二人の職人に受け継がれております。

店頭

営業方針は「安く、正確に」。

修理料金が安価で仕上がりが早いのは、初代が終戦後に店を開いて以来、この店をご愛顧くださった方々、すなわち楽器をお持ちくださることで職人を育ててくださった方々への恩返しのつもりで営業しているからです。
現在では一級のプロから始めたばかりのアマチュア様、日本国内はもちろん海外にお住まいの方、幅広い世代の方にご来店いただいております。
管楽器修理のプロとして長年培った技術と経験をもって、サックス、バリトン、クラリネット、フルート、あらゆる管楽器の「完全」を追求し、引き出します。

職人紹介

【高橋管楽器三代目】高橋 大輔

【高橋管楽器三代目】高橋 大輔

父、高橋一朗の背中を見て育つ。大学卒業後、管楽器の音と、修理という、技術が全てのこの仕事に魅せられ、この道で生きることを決意し、入店。
一人でも多くの人に管楽器の素晴らしさを伝えていきたいと、現在修業中。


【高橋管楽器二代目】高橋 一朗

【高橋管楽器二代目】高橋 一朗

28歳で高橋治雄の跡を継ぎ、現在も二代目として店主を務める。長い間、有名なサックスプレーヤーや、無名でも素晴らしい知識と演奏力を持っているたくさんの人々の薫陶を受け続けてきた。クラリネットは前島重信氏より、テナーサックスは松本伸氏よりご指導いただき、レイモンド・コンデ氏には来店の度にご指導いただいた。
2010年1月、長年の功績と実績を認められ、「新宿ものづくりマイスター・技の名匠」に認定される。

店舗のご案内

住所
〒169-0072 東京都新宿区大久保2-16-33 高橋ビル1階
※2011年4月6日(水)より店舗を移転いたしました。
最寄り駅
JR 山手線/新大久保駅(徒歩約13分)
東京メトロ 副都心線/東新宿または西早稲田(徒歩約13分)
電話番号
03(3209)7750
定休日
毎週火曜日
営業時間
10:00〜19:00


大きな地図で見る